アフィリエイト情報豆知識ブログ

5インチ画面とドールズフロントライン

スマホを5インチのアンドロイドにしてから、結構ゲームをするようになりました。
以前もやっていましたが、簡単なパズルとか小さな画面でもストレスないものが中心でしたね。

解像度も上がって動きもサクサクになってことから、私が昔から好きな戦略ゲームをインストールしてみたのです。

初めは大戦略系のオーソドックスタイプをやってみたのですが、やはりいくら画面が大きくてもマップ全体のマス目を計算するタクティクスシュミレーション流行りにくく、いろいろ試してハマったのはお気に入りの兵器を育成して配置するタイプのゲームでした。

あとは、一つのミッションやバトルが短く、爽快感があるというのもポイントで今は待ってるのはドールズフロントラインという、武器を美少女(戦術人形)に擬人化した人気ゲームです。

はじめはアンドロイドアプリで面白いタクティクスシュミレーションは無いかと検索していて、偶然、ドールズフロントライン攻略情報を目にしたのが始まりでした。

私が好きなWWW2の武器を持ったキャラクターのページだったのでなんだこれはと思って見ると、この通称「ドルフロ」だったわけです。

まあ試しにと思って始めたところ、ズルズルと課金して、気が付いたらハマっていました(笑)

すでに、スマホでは飽き足らず、タブレットを購入してさらに大きい画面でやっています。

堺の祖母

先週末に父から携帯に電話があり、珍しいなと思い出てみたら親戚の訃報でした。

大阪出身である父方の叔母が堺市の自宅で亡くなったそうです。

祖母はかなりの高齢で、長期入院の末に自宅療養中であったので周りは皆覚悟はしていたようでしたが、私は社会人になってからほとんど父方の実家には顔を出していなかった事もあり、ああ、こんな事なら大阪出張中にでも顔を出しておけばよかったと思いました。
私は堺の実家のすぐそばの取引先へ二ヶ月に一度はお邪魔しているので、電車で行こうと思えば行ける距離だったからです。

両親はすでに大阪に向かっているという事でしたので、私も準備をして駅へ向かいました。

スマートフォンに母からラインで連絡があり、葬儀のある堺市立斎場の地図が送られてきました。

阪和線堺市駅のすぐそば、距離にして2~300メートルくらいでしょうか。

先にも書きましたが、仕事で阪和線を利用していましたので、こんな近くだったのにと…ひたすら後悔していました。
そうして徒歩で斎場へ向かうと大きなコンクリートの建物が見えてきました。

控室で両親と合流して、祖母の顔を見ましたが、私が学生の頃の印象よりずっと痩せていて、それでもあの祖母の優しい笑顔のまま、まるで眠っているかのようでした。

ポイント&クーポン

今まで私は近所のお店のポイントカードもネットショッピングのポイントもかなり無頓着でした。

無頓着というより、完全に無視していたというくらいだと思います。

私の友達は、例えば私がマックに行ってもスマホのクーポンを使わないのを見て不思議がっていました。

単に面倒くさいというのと、100円くらい安くてもそんなに変わらないでしょうと思っていたのです。

しかし、大手電器屋さんで結構高額の買い物をし、カードを作りませんか?と聞かれていつものようにいりませんと答えたのですが、「え?カードを作ると登録特典と合計で15000円分の買い物ができますよ?」と聞かれてじ「えええ!そんなに!」と驚きました。

普段こまごまとしたものしか買わなかったために、数パーセント還元という事の大きさに気が付かなかったのです。

それから私はかなりのポイントマニアになり、スマホでもポイントサイトを通して買い物をしたり、ゲームや暇つぶしも同様にして三か月ほど貯めてみました。

すると、キャッシュバックとしてざっと18000円、一月あたり6000円も帰ってきました。

別にその為に不要な出費をしているわけでもないので、貰えるものを貰っとこう!と今では大阪のおばちゃんのようになっています(笑)

家賃収入のファクタリング

私の親戚は地元でアパート経営をしています。

都心に住んでいると家賃収入があるなんてセレブなイメージがありますが、田舎ですので賃貸料もそれほど高くなく、しかし居住者の権利は年々大家にたいして厳しいものになっています。

またアパートの場合、こまごまとした設備が経年でまとめて壊れるような事もあり、大家が負担で修理や交換を手配しなければ無いこともしばしばある層です。

先月法事でその親戚にあったのですが、年初めにいくつかの部屋の設備が故障して急な出費があったそうです。

たまたま、その前の月に配管の水漏れでシンクを変えた部屋もあり、経済的に厳しい状況となりました。

そこで同じ大家業の知人に資金調達について相談したところ、ファクタリング会社に相談してみればと言われたそうです。

ファクタリングサービスは通常売掛金や在庫を現金買取りするものだと思っていましたが、家賃収入についても同様に買い取ってもらう事が出来たそうです。

大家にしてみれば前払いで家賃を支払ってもらったことになりますので、ローンや融資ではありません。

そのおかげで、急な設備トラブルの時でもお金の心配をせずに済んだという事です。

私は商売をしたり経営をしたりする予定はありませんが、こういった資金調達方法もあるという意味で勉強になりました。

パソコンの買い替え時

私がパソコンゲームのダウンロード販売大手「Steam」のアカウントを取ったのは一昨年の春頃でした。

ゲーム実況で面白そうだと思ったゲームをやる為にローエンドクラスのグラボを購入して、まあ3Dゲームでもグラフィック設定を下の方にすれば動くので特にそれ以上はこだわりも無くゲームを楽しんでいました。

ネットゲームを本格的にやっている人から見たら「エンジョイ勢」というのの下のランクになると思いますが、好きな実況者と同じゲームができるだけで私は嬉しかったんです。

しかし、最近のゲームはPCに対する要求スペックが跳ね上がっていて、もう魚喜がカクカクですし、線画距離もせっかくの3D線画の臨場感を壊すレベルになってきました。

これはもうパソコン自体も限界かと思い、お正月明けにゲーミングパソコンを購入する事を決意しました。

というか、すでに使っていたパソコンは5年落ちでグラボと電源載せ替えで何とかという感じでしたから、もう買い替え時だったのです。

選択肢は予算的にドスパラのガレリアシリーズのミドルクラスかなと。
予算にして10万円超くらいが私が出せるゲーミングパソコンの限界ですが、パーツを自分で組み換えするより得ですし何よりバランスがよく、保証もついているのでカスタムを考えるよりゲーミングの為のパソコンをはじめから選ぶことにしたのです。

インフルエンザのシーズン

12月に入りインフルエンザのシーズンになってきましたが、一昨年は強烈な身体の傷みと高熱で完全にダウンしてしまいました。

正直インフルエンザを舐めていたというか、普通の風邪よりきついくらいだろうと思っていましたが、とても我慢できるような症状ではなく、会社を休んでも悪化したので病院へ行って処方薬を貰いようやく楽になったという感じでした。

検査でインフルエンザだと出たので強制的に有給を取らされましたが、私が第一号だったのでまあ当然ですねw

全回復までは2週間はかかったと思います。

それからはちょっとでも寒気を感じたらすぐに医者に診てもらう事を心がけており、予防接種もちゃんと受けようと先月職場近くのクリニックを探しました。

また、タミフルなどのお薬は時間制限があったと思いますから、すぐ近くに駆け込める病院は探しておいた方が良いと思いました。

ネット検索で「インフルエンザ|新宿の便利でやさしい内科 新宿駅 西口 徒歩 1分」というページがヒットしたので近いなと、予防接種を受けに帰宅の足で向かいました。

新宿駅付近のクリニックだと混んでいると思ったのですが、たまたま5時上がりで思ったより早く診てもらえました。

私が呼ばれてから待合室が混みだしたのでタイミングが良かったなと。