パソコンの買い替え時

私がパソコンゲームのダウンロード販売大手「Steam」のアカウントを取ったのは一昨年の春頃でした。

ゲーム実況で面白そうだと思ったゲームをやる為にローエンドクラスのグラボを購入して、まあ3Dゲームでもグラフィック設定を下の方にすれば動くので特にそれ以上はこだわりも無くゲームを楽しんでいました。

ネットゲームを本格的にやっている人から見たら「エンジョイ勢」というのの下のランクになると思いますが、好きな実況者と同じゲームができるだけで私は嬉しかったんです。

しかし、最近のゲームはPCに対する要求スペックが跳ね上がっていて、もう魚喜がカクカクですし、線画距離もせっかくの3D線画の臨場感を壊すレベルになってきました。

これはもうパソコン自体も限界かと思い、お正月明けにゲーミングパソコンを購入する事を決意しました。

というか、すでに使っていたパソコンは5年落ちでグラボと電源載せ替えで何とかという感じでしたから、もう買い替え時だったのです。

選択肢は予算的にドスパラのガレリアシリーズのミドルクラスかなと。
予算にして10万円超くらいが私が出せるゲーミングパソコンの限界ですが、パーツを自分で組み換えするより得ですし何よりバランスがよく、保証もついているのでカスタムを考えるよりゲーミングの為のパソコンをはじめから選ぶことにしたのです。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.